プログラマー転職

【文系でも大丈夫】プログラマーとは?プログラマーに必要なスキルから仕事内容・年収について解説

かつさんど
「プログラマーってどんな仕事してるの?」
「プログラマーに求められるスキルや資格はあるの?」

という疑問を解消する記事を書いていこうと思います。 

プログラマーとは

プログラマーはコンピューターを動かすためにプログラミング言語を使って、システム・ソフトウェアを作る職種またその人を指します。

例えば、金融システムであれば銀行にあるATM、お支払いに便利なクレジットカード決済、交通システムであれば駅の改札機、案内板などがあります。身近なものであればテレビ、スマートフォン、エアコン、冷蔵庫など日常生活の中の多種多様な場面でプログラムが使われていることが分かります。

極端に原始的な暮らしをしていない限り、日々生活の色んな場面で誰かが作ったプログラムによって利便性、快適性の恩恵を受けているはずです。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの主な仕事としては、システムエンジニアがシステムの設計書・仕様書を作成し、それに基づいてプログラマーがプログラミングで開発を行うことです。

エンジニア業界では、まずはプログラマーとして指示通りに開発を行い、スキルの向上に合わせて自分が設計書・仕様書を作るシステムエンジニアにステップアップするのが一般的な流れです。

また自分が作ったプログラムが正常に動作するか単体テスト、結合テストといったテストを行います。さらにシステムエンジニアが作った設計書・仕様書に漏れている部分がないかをチェックしたり、不具合を修正したりシステム・ソフトウェアの開発で主に手を動かすことになります。

プログラマーの種類

プログラマーの種類 説明 プログラミング言語
Webプログラマー Webサイト、ショッピングサイトなど、Webシステムを作ります。Webサイトの外観を開発するクライアントサイドはWebサイトの外観を開発し、サーバーサイドはWebサイトのデータベース、ネットワークの構築を行います。 クライアントサイド:HTML・CSS、JavaScript、Java、PHP、Rubyなど
サーバーサイド:Java、C+、C++、Perl、PHP、Ruby、Python、Linuxなど
アプリケーションプログラマー iPhoneやAndroidにインストールするネイティブアプリ、ブラウザ上で動作するWebアプリを開発します。 iPhoneアプリ:Swift
Androidアプリ:Java、Kotlin
Webアプリ:Java、C#、Python、Ruby、PHP
ゲームプログラマー テレビやスマホゲームの開発を行います。キャラクターの動きやBGMや効果音などイメージ通りに動作するように開発を行います。 C++
C#
Unity
JavaScript
Swift
Ruby
組み込み系システムプログラマー洗濯機、炊飯器、エアコン、スマホなど家電製品や電子機器などを制御するためのプログラムの開発を行います。生活の必需品から最先端デバイスまであらゆる機器を開発するため、仕事の幅が広いです。 C
C++
C#
Java
汎用系システムプログラマー ビックデータを処理するためのメインフレームと呼ばれる大型コンピューターのシステム開発を担当します。ATMやクレジットカードなど金融機関や保険会社などの顧客データベースのシステムを開発などの開発を行います。 COBOL
C
Java
FORTAN
RPG
PL/SQL

プログラマーに必要なスキル

ロジカルシンキング

実際にプログラミング作業を行っていくと複雑な仕様のプログラムに出くわすことが多くあります。そんな時に問題解決までの道すじをしっかり立てて論理的にアプローチすることが必要になります。

ロジカルシンキングはプログラミング作業だけでなく、他の仕事を行う上でも「目的・目標を達成する方法」「問題の原因・解決策を導き出す方法」など一見難しいことを紐ほどいてシンプルに考えることできるので、とても役に立つスキルです。

コミュニケーション能力

プログラマーはパソコンに向かってプログラミング作業を一人で黙々と行っているイメージがある方もいるのではないでしょうか。しかし、実際の開発現場ではシステムエンジニアと打ち合わせを行ったり、他のプログラマーと開発内容、範囲について話したりすることが多々あります。システムエンジニアであれば、クライアントの要望を聞きながら、どうやってシステム化していくか仕様を詰めたりする打ち合わせなどがあります。

このようにプログラマーであってもコミニケーション能力は必要であり、むしろシステムエンジニアや他のプログラマーと仕様の認識を合わせたり、詰めたりする上で重要になってきます。

プログラミングスキル

プログラミングスキルとは、プログラミング言語を使って、システム・ソフトウェアを開発するための技術や知識のことを指します。言わずもがなですが、プログラマーにとってプログラミングスキルは必須です。

開発するシステム・ソフトウェアによってプログラミング言語が変わってくるので、1つのプログラミング言語を習得してから、その他の言語にも触れてみて開発できるものを増やしていきましょう。

プログラマーに必要な資格

ITパスポート

ITパスポートはITを利活用したい学生から社会人が、ITに関する基礎知識を身につけたことを証明する国家資格です。AIやビックデータといったITの新しい技術やセキュリティ、ネットワークに関するITの基本的なことから経営戦略、マーケティングなどの経営全般の知識に関しても学ぶことができます。

基本情報技術者試験

基本情報処理技術者試験は高度IT人材になるための登竜門の試験になります。情報技術を活用するために戦略を立てる際の予測・分析・評価ができること、またシステム設計・開発・運用に関して最適な活用ができるようになることが目標になります。

基本情報処理技術者試験の上位互換にあたる応用情報技術者試験では、企業が直面する課題に対して情報技術を活用して戦略策定し、システムの設計・開発を最適に組み合わすことで解決する力が要求されます。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験はあらゆる脅威から組織の情報セキュリティ確保、継続的に組織を守るための情報セキュリティマネジメントの基本的なスキルを認定する試験です。近年では世界中からサイバー攻撃が行われたり、個人情報が漏洩したりと情報セキュリティマネジメントをいかに確保するかは重要な課題になっているため、情報セキュリティマネジメントの知識を持った人のニーズが高まっています。

プログラマーの年収

気になるプログラマーの平均年収は473万円と言われています。日本の平均年収は432万円なので他の業種よりも40万円前後多いことになります。思っていたよりの高い・低いという色んな意見が出そうですが、実は習得しているプログラミング言語によって年収は大きく差が出てきます。

株式会社ビズリーチが運営する求人検索エンジンスタンバイで発表された「プログラミング言語別年収ランキング2018」では、1位の「Go」は平均年収が600万円、最高年収が1,600万円で2位「Scale」は平均年収が600万円、最高年収が1,300万円で3位の「Python」は平均年収が575.1万円、最高年収が1,499万円でした。

平均年収が高いプログラミング言語は需要があるため求人数も比較的多い傾向にあるので、その人の能力次第では転職しやすいでしょう。どのプログラミング言語を学習しようか迷っている人、他のプログラミング言語の学習をしようと思っている人は年収から考えてみるのも大いにありかと思います。

プログラマーに対する間違い

文系出身でもプログラマーになれる

文系出身のプログラマーは多数います。最近では文系・理系という区別が無くなってきており、新卒採用、転職の際に文系だからという理由で不利になることはありません。

新卒採用の場合、「情報処理」の学生であれば、授業でプログラミングを行っているので有利になるのではと思われる方がいるかもしれませんが、実際現場レベルの内容ではないので、最終的な合否に関わるほどではないと思います。

30代・40代からでもプログラマーになれる

転職でプログラマー、エンジニアになりたいけど、年齢的に厳しいだろうかと考えている方もいるかもしれません。

しかし、プログラマー、エンジニアになるのに年齢は全く関係なく、仕事に必要なプログラミングの知識・技術は後追いでもどうにかなります。

むしろ他業種での経験や社会人としての基礎スキルの方が習得に時間がかかるので重宝されます。実際に30代・40代でプログラマー、エンジニアに転職された方も多くいます。

大切なのは学ぼうとする意欲や向上心でありそれを継続することなので年齢は関係ありません。

体を壊すぐらい仕事がきつい

以前のプログラマー業界は「3K」と呼ばれており、あまり良いイメージを持っている人がいなかったと思います。「3K」とは「きつい」「帰れない」「給料が低い」の3つの頭文字からできており、プログラマー業界の代名詞になっていました。

最近ではプログラマー業界の労働環境の見直しが行われており、プログラマーの労働環境・給与待遇の改善を行なっている企業が増えてきています。実際エンジニアファーストでプログラマーが働きやすく幸せになれることを掲げている会社も生まれてきています。

プログラマーは深刻な人手不足で求人数が多い

プログラマー業界は需要はあるが、深刻な人手不足の状態です。

経済産業省が平成28年6月に公表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」によれば、需要が今後拡大する一方で、IT人材の需要と供給の差は、需要が供給を上回り、2030年には、最大で約79 万人に拡大する可能性があるというデータが発表されています。

どこの業種・業界にも言えることですが、少子高齢化社会であること、プログラマー業界に対するイメージの悪さから新卒採用においても希望をする人が少ないのが実情です。

プログラマーになるためにはどうしたら良いのか

プログラマーになるためにはまずプログラミングの学習を始める必要があります。プログラミングの学習方法は本、動画、学習サイト、プログラミングスクール、独学など多くの方法があります。

独学であれば、学生の方でも社会人の方でも学校・仕事後に時間があると思うので、そこで学習する時間を作ったり、お休みの日にまとめて学習したりする学習プランを自分で作ることをおすすめします。具体的にいつ就職・転職するのかそのために逆算して今何をしないといけないのかを考えましょう。

プログラミングスクールに通う場合、担当の方と学習プランを相談することができるので学習状況に合わせて、学習内容や学習プランを柔軟に変えつつスキルアップをしていきましょう。担当の方が今現場で活躍されているプログラマーの方であれば、どのように学習していったのか聞いてみるのも参考になると思います。

当サイトで申込みが多いプログラミングスクール・教室はこちら!

【1位】ポテパンキャンプ:Webエンジニア輩出率No1

【2位】CodeCamp:満足度96.6%のプログラミングレッスン

【3位】DMM WEBCAMP :プログラマー転職成功率98%

【4位】TechAcademy:プログラミングスクール受講者数No1

【5位】GEEK JOB:満足度・転職率が高い・20代社会人経験者向け

-プログラマー転職

© 2021 かつさんどの星