筋トレで自分磨きしよう!筋トレ歴5年以上の知識・経験を元におすすめの筋トレ方法・グッズなどの情報を発信してます!

新しい呼吸式ダイエット!呼吸で痩せる身体をつくることができるその理由とは?

トレーニング

「痩せたい!でもハードな運動で辛い思いをするのはイヤ…」とお考えの方は多いと思い
ます。

そんな方に朗報です!実は呼吸の仕方を少し意識するだけでOKなダイエット法があること
をご存知でしたか?

今回は運動が嫌いな人におすすめのダイエット法「呼吸ダイエット」についてご紹介して
いきます。

スポンサーリンク

呼吸ダイエットとは?

呼吸ダイエットとは?

まずは呼吸ダイエットとは一体何か?という点についてです。

呼吸ダイエットというのは簡単に説明すると、”深い呼吸を意識することでダイエット効果
を得る“というダイエット法のことです。

「深呼吸をするだけでダイエットが出来るの?」と疑問に感じる方もいると思います。
しかし、呼吸を深くすることは酸素を多く取り込むことにつながるので体の代謝が高まり
、エネルギーの消費量が増えるので体脂肪が落ちやすくなります。

しかもこれだけではなく、呼吸ダイエットには自律神経を整え便秘や不眠、冷え性などを
改善する効果もあるので、非常にメリットが多いダイエット法となっています。

自律神経とは?

自律神経とは?

先程の項目で「自律神経」という言葉が出てきましたが、この自律神経が一体どういうも
のなのか?という点についても解説していきます。

自律神経というのは我々人間の内蔵の働きや血流、体の代謝をコントロールするなど、人
体にとって非常に大きな役割を果たしている神経で、「交感神経」と「副交感神経」の二
つからなっています。

主に緊張状態のとき(仕事中や運動中など)に働いているのが交感神経でリラックスして
いるときに働いているのが副交感神経になります。

そして重要なのが、この自律神経というのはダイエットにも関係するということです。
自律神経の働きが乱れてしまうと、体の代謝機が低下してしまって脂肪が溜まりやすくな
ってしまったり、脂肪を燃焼しにくくなってしまいます。

呼吸ダイエットは酸素を多く取り入れてエネルギーを消費しやすくするだけではなく、こ
の自律神経を整えることで代謝機能を安定化させることが出来るというのも大きなメリッ
トです。

代謝とは?

代謝とは?

もう一つ、ダイエットの話題になるとよく見られる「代謝」という言葉についても説明し
ていきましょう。

一言に代謝と言っても、「基礎代謝」と「新陳代謝」の2種類がありますが、ダイエット
において重要になってくるのは前者の基礎代謝についてです。

基礎代謝というのは生命維持をするのに必要なエネルギーの量のことを指し、簡単に言え
ば”ただ生きているだけで消費するカロリーの量“のことです。

個人の体格などによって差はありますが、一般的な成人の場合男性なら1日約1500kcal、女
性の場合は約1200kcalがこの基礎代謝によって消費されます。

ちなみにこの数値は大体ハーフマラソン(約21km)を完走したのと同じくらいのカロリー
消費量になります。

ハードな運動をせず、普通に生活をしているだけでもこれくらいのカロリーを消費してい
るということなので、ダイエットを考える上でこの基礎代謝を安定化させたり高めるとい
うのは非常に重要です。

しかし、この基礎代謝が前述の自律神経の乱れなどによって低下してしまうと、その分運
動せずに消費出来るカロリーが少なくなってしまいます。こうなってしまうと非常に厄介
ですよね。

呼吸ダイエットは結果的にこの基礎代謝を安定化させることにつながるので、非常にダイ
エットとして理に適っていると言えます。

呼吸ダイエットのやり方

呼吸ダイエットのやり方

次は呼吸ダイエットのやり方についてです。

呼吸ダイエットには大きく分けて「腹式呼吸ダイエット」と「胸式呼吸ダイエット」の2
種類があります。

腹式呼吸ダイエットのやり方は

  • あぐらをかいて背筋を伸ばし、正しい姿勢を取る
  • 6~7秒ほどかけて鼻からゆっくりと、お腹を膨らませるように息を吸う
  • 8~9秒ほどかけて、鼻からゆっくりお腹をへこませるように息を吐く
  • 上記を5セットほど繰り返す

というものです。これを1日に3回ほど行いましょう。

腹式呼吸は副交感神経を刺激する効果がありますので、寝る前などに行うとスムーズに眠
りにつくことが出来るのでおすすめです。

続いて胸式呼吸ダイエットのやり方ですが、こちらは

  • あぐらをかいて背筋を伸ばし、正しい姿勢を取る
  • お腹はへこませたまま、肋骨を広げるイメージで6~7秒ほどかけて鼻からゆっくりと息を吸う
  • 同じくお腹をへこませたまま8~9秒ほどかけて、鼻からゆっくり息を吐く
  • 上記を5セットほど繰り返す

というもの。こちらも大体1日に3回ほど行いましょう。
胸式呼吸ダイエットは交感神経を刺激するので、1日の始まりである朝に行うのがおすす
めです。

まとめ

特別な運動をしなくても、呼吸の仕方一つでダイエット効果が得られるというのは嬉しい
ですよね。

あなたもぜひ、呼吸ダイエットを取り入れてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました