筋トレで自分磨きしよう!筋トレ歴5年以上の知識・経験を元におすすめの筋トレ方法・グッズなどの情報を発信してます!

メディシンボールでできる腹筋のトレーニング方法を3つご紹介!

トレーニング

重量のあるボールで腹筋を鍛えられるメディシンボール。

メディシンボールで腹筋を鍛えることで効率良く筋肥大を行うことができます。また、腹直筋だけでなくインナーマッスルまで鍛えられるのでトレーニングの効果もより大きくなることが期待されます。

この記事ではそんなメディシンボールの基礎知識とメリット、メディシンボールで腹筋を鍛える方法を3つ解説します。

スポンサーリンク

メディシンボールとは

メディシンボールとは

メディシンボールとはトレーニングとして使われる重量のあるボールのことです。

元々はリハビリに使われていたことからこの名が付いています。重量があると言っても、様々な重さや大きさのものがあるので女性でも問題なく取り組むことができます。

メディシンボールを使う3つのメリット

メディシンボールを使う3つのメリット

メディシンボールを腹筋のトレーニングに取り入れることで3つのメリットを得ることができます。

腹筋により負荷をかけられる

腹筋のトレーニングは基本的に自分の体重を利用するものが多いので、それ以上の負荷をかけることはできません。

しかしメディシンボールでは自分でどれだけの負荷をかけるか、その重さを決めることができます。そのためより効率良く腹筋を鍛えることが可能です。インナーマッスルまで刺激を与えるので普段のトレーニング効果の向上も期待できます。

体幹が鍛えられる

メディシンボールは腹筋だけでなく体幹まで鍛えることができます。

体幹を鍛えることで筋肉のバランスを整え、筋肉がつきやすい体質へと変えていくことが可能です。また体の安定性も向上するので姿勢の改善などに効果を発揮します。

安全性が高い

ダンベルやバーベルは落としてしまうと怪我につながりやすいですが、メディシンボールはそれらに比べると持ちやすい大きさになっているので怪我はしにくいと言えるでしょう。自分に合っていない大きさのメディシンボールは怪我に繋がるので注意が必要です。

メディシンボールで腹筋を鍛える方法3選

メディシンボールで腹筋を鍛える代表的な方法を3つ紹介します。

メディシンボールスラム

メディシンボールスラムはメディシンボールを上から下に投げることで腹筋だけでなく全身の筋肉が鍛えれるトレーニングです。メディシンボールを使うトレーニングの中でも腰を痛めやすいものなので正しいフォームで行いましょう。

  1. メディシンボールを頭の後ろまで持ち上げます。
  2. 真下に投げ込みます。
  3. 繰り返します。

ロシアンツイスト

ロシアンツイストはメディシンボールを左右にツイストすることで腹直筋や腹斜筋を鍛えるトレーニングです。

  1. 床に座ります。
  2. 膝を45度程度曲げて足を床から浮かせます。
  3. メディシンボールを両手で持ち左右にツイストします。
  4. 繰り返します。

レッグレイズ

レッグレイズはメディシンボールをくるぶしで挟み膝を曲げ伸ばしすることで腹直筋や腹斜筋を鍛えるトレーニングです。

  1. 床に座ります。
  2. 足を伸ばし、くるぶしにメディシンボールを挟みます。
  3. 膝が90度になるまで曲げます。
  4. 膝を伸ばして元の位置まで戻します。
  5. 繰り返します。

まとめ

メディシンボールは重量や大きさを自分で選べる分、腹筋に効率良く負荷をかけることができます。

ダンベルやバーベルに比べて怪我もしにくいので、安全に腹筋を鍛えるには最適です。腹筋を割りたい方はぜひ使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました